FC2ブログ
 本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文芸書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。Twitter@booksoukeian



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



第23回「本の会」報告

IMG_6771.jpg

第23回草径庵「本の会」は休業中につき、
手紙、メールによる参加者からの本の紹介となりました。
テーマは「やく」+おすすめ本。
約、役、薬、妬く…いろんな「やく」の本や
最近読んだおすすめ本をご紹介いただきました。
参加者は7名(男性3名、女性4名)+庵主です。
皆さん、ありがとうございました。
以下が本のリストです。

*『おかしな男 渥美清』 小林信彦(新潮社)
*『希林さんといっしょに。』 是枝裕和 (スイッチパブリッシング)
*『雲と鉛筆』 吉野篤弘 (ちくまプリマ―新書)
*『町中のコケ50種』 道盛正樹 (大阪市立自然博物館)
*『私の百人一首』 白洲雅子 (新潮文庫)
*『ウィルヘルム・マイスターの修業時代』 ゲーテ(著)/山崎章甫(訳) (岩波文庫)
*『ペスト』 カミュ(著)/宮崎嶺雄(訳) (新潮文庫)
*『宋姉妹 中国を支配した華麗なる一族』 伊藤純・伊藤真 (角川文庫)
*『見る前に跳んだ 私の履歴書』 倉本 聰 (日本経済新聞社)
*『クロイツェル・ソナタ』 トルストイ(著)/米川正夫(訳) (岩波文庫)

皆さんからいただいた紹介文は、「草径庵通信」紙上に掲載。
営業再開の折には、配布いたします。

また、Twitter、FBでは「草径庵通信」5月号の画像も上げていますので
合わせてどうぞ。




スポンサーサイト




「草径庵通信」おまけのページ

200515.jpg

「草径庵通信」74号(2020年5月号)発行しました。
休業中の発行ですが、今回は紙上「本の会」特集。
ふだんは、A5サイズ両面の通信ですが、
今回はA4サイズ両面で作成。

何を間違えたか、
半ページ分余計に作成してしまったので
以下に掲載します。

*今月の一冊~最近読んだ本の中からご紹介~

『キネマの玉手箱』 大林宣彦(ユニコ舎


4月10日、新作映画「海辺の映画館 キネマの玉手箱」公開予定日に
82歳で逝去された映画監督大林宣彦氏のメッセージ集。
膨大なインタビューをまとめ上げた本書からは
大林監督の静かな語り口が浮かび上がります。
映画に対する思いはもちろんのこと、
この世代の方々の戦争に対する発言を私たちは知る必要がある…
そう気付かされる一冊。


*この人の一文
今月生まれの人物の書物から一文をご紹介

        『読書』(青空文庫より)
偉大な思想家の書を読むには、その人の骨というようなものを掴まねばならない。
そして多少とも自分がそれを使用し得るようにならなければならない。
偉大な思想家には必ず骨というようなものがある。
大なる彫刻家に鑿のみの骨、大なる画家には筆の骨があると同様である。
骨のないような思想家の書は読むに足らない。
             西田幾多郎      1870年5月19日生まれ


* 風の中での断想~草径庵の庭にて~

2014年4月に創刊した「草径庵通信」。通常はA5サイズ両面の紙片ですが、
今回はA4サイズ両面でのお届けとなりました。
これは、紙上「本の会」にご参加くださった皆さんの原稿を掲載すべく、
久々に登場したレイアウトです。
通常は奇数月に草径庵にて開催している「本の会」ですが、
今回はご常連さん7名(男性3名、女性4名)が
紙上「本の会」に参加してくださいました。
皆さん、ありがとうございました。
実は、以前にも一度だけ
「草径庵通信」をA4サイズで発行したことがありました。
2015年2月号です。
所用が重なり、例年通りの2月の休業が長い冬季(冬眠)休業となったときでした。
今回の世界的なウイルスの流行によって、同じ時期に長期休業することになり
再びA4サイズの「草径庵通信」を発行することになるとは…。
前回のA4サイズ版では、庵主が休業中に読んだ本の一覧を掲載しました。
あれから5年が経ち、
今回は草径庵をとおして出会った皆さんから寄せられた本の紹介文を
掲載することができました。
この場所が庵主ひとりのくつろぎの場ではなく、
足を運び、おしゃべりし、数時間を共に過ごす人がいるようになったのだ
ということを改めて感じ、そして驚いています。
今、庭に椅子を出してこの文章を書いています。

時間がつくる場所があります。
続けているうちに育ってゆく物事があり、
一方で時間によってそれは滅びてもゆく。
私たちは今、
そういう中での「いのち」だということを味わう春を
過ごしているのかもしれません。
柿の木の下で芝生に目を落とすと、
干からびたミミズを蟻が運んでいました。




第23回「本の会」草径庵通信紙上開催のお知らせ その2

202004.jpg
4月、休業期間が長くなりそうと思った頃の庭のもみじです。
できることをすればいい、と
仕事もリライトなどに集中し、静かに暮らしておりました。

そしてふと
延期となっている「本の会」もできる形で開催すればいいと気づき
月刊紙「草径庵通信」紙上開催として
皆さんのおすすめ本のお話を聞く(読む)ことにしました。
選ばれた言葉、丁寧に綴れた文章は
不思議なほど、読み手の心に響きます。
本はもちろん、手紙やメールもそうです。

5月6日締め切りで募集した「本の会」参加者は7名。
いただいた本の紹介文を読み、返事を書く時間は
まるで草径庵で対話しているときのように楽しいものでした。
皆さん、ありがとうございます。

20200507.jpg
5月、今朝のもみじ。
「草径庵通信」はいつもとちょっと違う内容になります。
本を読む楽しみと
ひとと言葉をやり取りする楽しみに満ちた通信になりそうです。

草径庵、今しばらく休業いたします。











第23回「本の会」草径庵通信紙上開催のお知らせ

2004_1.jpg

休業中ではありますが、
3月14日に予定していた「本の会」を
月刊紙「草径庵通信」5月号紙面上にて開催します。

テーマは、「やく」。
約、役、訳、焼く、妬く・・・、
テーマを自由に解釈したおすすめの一冊にコメントを添えてご紹介ください。
あるいは、今こそ読みたいおすすめの本の紹介も歓迎します。
郵便、mail、TwitterのDMで受付いたします。
住所 〒235-0021 横浜市磯子区岡村4-20-15ハイムTZ1F 草径庵
mail soukeian☆bird.ocn.ne.jp (☆をアットマークにかえてください)
Twitter @booksoukeian

5月6日頃締め切りです。
この機会に
本で世界を旅したり、休息や笑いを得たり
未知の分野に足を踏み入れたり…
ご自身の時間と体験をお裾分けください。
ご参加お待ちしております。

皆さま、
どうぞご安全に、冷静に穏やかな日々を過ごされますように。

2004_2.jpg




引き続き休業のお知らせ

IMG_6705.jpg

3月5日(木)から草径庵「春の部」スタート予定でしたが
引き続き休業いたします。

2月の(冬眠)休業中に世間が騒がしくなっておりました。
気付けば2月も今日で終わり。

来訪者の少ない小さな店ではありますが
庭を眺めたり、本を広げたりしてゆっくり過ごし、
時には庵主と、
あるいはお客さま同士で会話を楽しむ場でもある草径庵。
他方の仕事が重なっていることもあり、
このまま引き続き休業といたします。

3月14日(土)開催予定の「本の会」は日延べといたします。
テーマの「やく」(役、約、訳、焼く、妬く…)を料理する時間が延びましたので
ぜひ独創的な解釈でおすすめの一冊をご用意くださいませ。

営業再開の折には
皆さまと穏やかに楽しい時間をご一緒できますように。

何卒よろしくお願いいたします。