FC2ブログ
 本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文芸書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。Twitter@booksoukeian



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



第23回「本の会」報告

IMG_6771.jpg

第23回草径庵「本の会」は休業中につき、
手紙、メールによる参加者からの本の紹介となりました。
テーマは「やく」+おすすめ本。
約、役、薬、妬く…いろんな「やく」の本や
最近読んだおすすめ本をご紹介いただきました。
参加者は7名(男性3名、女性4名)+庵主です。
皆さん、ありがとうございました。
以下が本のリストです。

*『おかしな男 渥美清』 小林信彦(新潮社)
*『希林さんといっしょに。』 是枝裕和 (スイッチパブリッシング)
*『雲と鉛筆』 吉野篤弘 (ちくまプリマ―新書)
*『町中のコケ50種』 道盛正樹 (大阪市立自然博物館)
*『私の百人一首』 白洲雅子 (新潮文庫)
*『ウィルヘルム・マイスターの修業時代』 ゲーテ(著)/山崎章甫(訳) (岩波文庫)
*『ペスト』 カミュ(著)/宮崎嶺雄(訳) (新潮文庫)
*『宋姉妹 中国を支配した華麗なる一族』 伊藤純・伊藤真 (角川文庫)
*『見る前に跳んだ 私の履歴書』 倉本 聰 (日本経済新聞社)
*『クロイツェル・ソナタ』 トルストイ(著)/米川正夫(訳) (岩波文庫)

皆さんからいただいた紹介文は、「草径庵通信」紙上に掲載。
営業再開の折には、配布いたします。

また、Twitter、FBでは「草径庵通信」5月号の画像も上げていますので
合わせてどうぞ。




スポンサーサイト




第23回「本の会」草径庵通信紙上開催のお知らせ

2004_1.jpg

休業中ではありますが、
3月14日に予定していた「本の会」を
月刊紙「草径庵通信」5月号紙面上にて開催します。

テーマは、「やく」。
約、役、訳、焼く、妬く・・・、
テーマを自由に解釈したおすすめの一冊にコメントを添えてご紹介ください。
あるいは、今こそ読みたいおすすめの本の紹介も歓迎します。
郵便、mail、TwitterのDMで受付いたします。
住所 〒235-0021 横浜市磯子区岡村4-20-15ハイムTZ1F 草径庵
mail soukeian☆bird.ocn.ne.jp (☆をアットマークにかえてください)
Twitter @booksoukeian

5月6日頃締め切りです。
この機会に
本で世界を旅したり、休息や笑いを得たり
未知の分野に足を踏み入れたり…
ご自身の時間と体験をお裾分けください。
ご参加お待ちしております。

皆さま、
どうぞご安全に、冷静に穏やかな日々を過ごされますように。

2004_2.jpg




第22回「本の会」+新年会報告

2020年、最初の「本の会」は、雪の舞う日となりました。
参加者12名(女性8名、男性4名)+庵主、総勢13名(うち初参加1名)でした。

テーマは「鮮やか」。
新年らしく、華やかにという思いから庵主が選んだテーマでしたが
さまざまな「鮮やか」が出揃い、加えてカミングアウトや選書に至る背景のお話も多く
聞きごたえのあるお話ばかりでした。
皆さまの差し入れにお酒もすすみ、
年の初めにふさわしい華やいだ時間となりました。

紹介された本は以下です。

*『バレエ語辞典』 富永明子 (誠文堂新光社)
*『オディロン・ルドン 「自作を語る画文集」夢のなかで』 オディロン・ルドン著 / 藤田尊潮訳 (八坂書房 ) 
*『言い残しておくこと』 鶴見俊輔 (作品社)
*『継投論』 権藤博・二宮清純 (廣済堂出版)
*『漆黒の霧の中で』 藤沢周平(新潮文庫) 
*『ねこもかぞく』 坂本裕樹 (さくら舎)
*『木精』 森鷗外 (岩波書店『鷗外近代小説集』より)
*『日本人の勝算 』 デービッド・アトキンソン(東洋経済新報社 )
*『破獄』 吉村昭 (新潮文庫)
*『味を知るもの鮮し』 北大路魯山人 (青空文庫) 
*『西行』 白洲正子 (新潮文庫)
*『の』 Junaida (福音館書店) 
*『季節を知らせる花』 白井明大(文)/ 沙羅(絵) (山川出版社) 
*『エティカ』 スピノザ(著)/ 工藤 喜作・斎藤 博 (訳) (中央公論新社)
*『スピノザ』 G.ドゥルーズ(著)/ 鈴木雅大 (訳)

ご参加の皆さま、ありがとうございました。
次回の「本の会」は
2020年3月14日 、テーマは、「やく」。
約、役、訳、焼く、妬く・・・、
自由に解釈しておすすめの一冊から一節を朗読してご紹介ください。
事前申し込み不要です。お気軽に。

IMG_6511.jpg


第21回「本の会」報告

IMG_6191.jpg

冷たい雨の降る11月23日土曜日、第21回「本の会」を開催いたしました。
参加者10名(女性5名、男性5名)+庵主、総勢11名(うち初参加1名)でした。

テーマは「顔」。
毎度のことながら庵主の思い付きの出題に
「苦戦した」という声も聞かれましたが、
今回もユニークな視点で選ばれた本が揃いました。
紹介された本は以下です。

*『うつくしい人』 西加奈子 (幻冬舎文庫)
*『〈ひと〉の現象学』 鷲田清一( 筑摩書房) 
*『二十四の瞳』 坪井栄 (新潮文庫)
*『牛鍋』 森鷗外 (岩波書店『鷗外近代小説集第二巻』より) 
*『したたかな植物たち』 多田多恵子 (ちくま文庫)
*『ぼくはこう生きている君はどうか』 鶴見俊輔・重松清 (潮文庫)
*『対面的 〈見つめ合い〉の人間学 』 大浦康介 (筑摩書房 )
*『世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた』 永井 孝尚 ( KADOKAWA)
*『藤原悪魔』 藤原新也 (文春文庫) 
*『 神社・寺院まるわかり「ガイドブック」』 詳細不明
*『掛け持ち』 井伏鱒二 (岩波文庫『川釣り』より) 

時間切れとなり、庵主のお薦め本の紹介は手短に。
もしも詳しく聞きたいという方がいらっしゃいましたら、
草径庵にていつでもお声掛けくださいませ。

ご参加の皆さま、ありがとうございました。
次回の「本の会」は2020年1月、新年会も兼ねて行います。
テーマ、日程は改めてお知らせいたします。

IMG_6200.jpg



第20回「本の会」+納涼会の報告

r190727_2.jpg

台風や大雨が心配される空模様でしたが、
7月27日(土)
予定どおり第20回「本の会」+納涼会を開催いたしました。
参加者12名(女性9名、男性3名)+庵主
総勢13名(うち初参加1名)でした。

テーマは「横浜」。
それぞれの思い出の本や横浜の歴史を考える本、写真集など
さまざまな視点から選ばれた本が揃いました。
初参加のSさんは、横浜の思い出を語ってくださいました。

紹介された本は以下です。

*『横浜駅SF』 柞刈 湯葉 (KADOKAWA)
*『桟橋』 森鷗外 (岩波書店『鷗外近代小説集第二巻』より) 
*『横浜ものがたり』 セオダテ・ジョフリー(著)/ 中西道子 (訳) (雄松堂出版)
*『氷川丸ものがたり』 伊藤玄二郎(かまくら春秋社)
*『ロンドン・ジャングルブック』 バッジュ・シャーム(著)/スラニー京子(訳)(三輪舎)
*『SCENERY of Yokohama』 森 日出夫 (株式会社アマノスタジオ)
*『風の歌を聴け』 村上春樹 (講談社『村上春樹全作品 1979~1989〈1〉』より)
*『BEAT OF YOKOHAMA』 井上真二 (新風舎)
*『横浜ヤンキー ――日本・ドイツ・アメリカの狭間に生きたヘルム一族の150年』 
  リスリー・ヘルム(著)/村上由見子(訳) (明石書店)
*『女たちのアンダーグラウンド―戦後横浜の光と闇 』 
  山崎洋子 ( 亜紀書房)
*『日本スターバックス物語──はじめて明かされる個性派集団の挑戦』 
  梅本龍夫(早川書房 )
*『オリエンタリズム』 エドワード・W.サイード(著)/今沢 紀子 (訳) (平凡社ライブラリー文庫)

併せて納涼会も行いました。
園芸部メンバーが早めに集合して枝豆を収穫、
開始までに茹でておいてくれました。
r190727_3.jpg
収穫第1弾はちょっと少な目でしたので、市販の横浜産枝豆も。
手前が草径庵産です。

r190727_4.jpg
皆さまの差し入れもあり、食卓も華やかに。

ご参加の皆さま、ありがとうございました。
次回の「本の会」は11月開催です。
テーマ、日程は改めてお知らせいたします。

190727_1.jpg