本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文芸書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



今週の草径庵vol.14

月に一回千葉市界隈で新聞に折り込まれていた「総国逍遥」という
文学通信が今月発行号をもって休刊となりました。
2年程前の創刊時からわたしも小さなエッセイを連載させていただいていました。

月末の締めきりに合わせてあれこれテーマを考え
調べ物をし、言葉を選び・・・。
人に読んでもらう物を書く緊張と
紙面の片隅にイラストつきで印刷された自分の文章を読む面映ゆさに
毎号ドキドキしながら見本紙の到着を楽しみにしていました。

休刊になってしまったのは残念ですが
この経験は、わたしのなかの何かになっていくのだと思います。


白い紙とペンが目の前にあるとなんとなく嬉しくなって
こころは無限大にも広く感じられるその紙の上に旅に出る。
そんな気持ちを
きっと
子どもの頃から漠然と楽しんできたのだ、と最近になって気付いたようです。

草径庵に置いたノートに
日報ならぬ日記を綴っているのも
きっとその延長なのでしょう。

訪れて下さった方に
お茶と共に
本を読んだり、何かを書いたり…
そんな時間を楽しんで頂けたらと思います。

春の気配を
庭の木々のつぼみとともに楽しむ草径庵。
今週も営業します。

3月1日(金曜日)朝8時から13時頃まで
3月2日(土曜日)朝8時から15時頃まで

横浜市磯子区岡村4-20-15ハイムTZ101
(仲久保公園向かいです)


スポンサーサイト

今週の草径庵vol.13

梅の咲く季節になりました。
草径庵の窓からは庭の梅の木3本が見えますが
南のいちばん小さな木はもう満開。
母屋前はつぼみ、裏手の老木は花がちらほら…と
それぞれの時間の流れで花を付けています。

万葉集では119首も詠まれ
春の花と言えば桜より梅であったとか。

まだまだ雪のちらつく日もあるけれど
そんな中
春の気配を花の香りにのせて
知らせてくれる梅を楽しみながら
今週も開店です。

営業時間
2月22日(金曜日)朝8時から13時頃まで
2月23日(土曜日)朝8時から15時頃まで

横浜市磯子区岡村4-20-15ハイムTZ101
(仲久保公園向かいです)






心地よい疲れ

季節のページを遡ったように寒い日が続く横浜。
それでも
風の吹きかたには春の気配がわずかに。
そんな中
昨日の草径庵は朝もお昼過ぎも賑やかでした。

午前中は
地域のフリーペーパーの取材でKさんが来訪。
よく知った友人から取材を受けるのは不思議な気分です。
それでも改めて聞かれてみると
草径庵のはじまりのこと
わたしの子どもの頃のこと
好きな本のこと…
話しながら、考え、気付くこともあり。。。
上手く伝えられたのかよくわかりませんが
聞き上手のKさんのこと
きっと私の無意識に語ったことからの
私自身をみせてくれそうな気がして
記事の完成が楽しみです。

午後は
ロマン・ロラン研究所の方たちが
わざわざ京都から訪ねてきてくれました。

草径庵のオープンに際しては
どれほど
ロマン・ロラン研究所の皆さんのお力を
お借りしたことか。

この店は
デザイン、施工に始まり
家具、食器あらゆる調度品が
友人、知人のつながりで
全国各地から自然と集まって出来ています。
わたしが自分で探し歩いて揃えたものはほんのわずか。

中でも京都の友人知人を介してこの場所に集まったものがもっとも多く
この店の雰囲気の核をなしているように思います。
たった4年住んだその地で得たつながりは
横浜に帰ってきた後もずっと続いているのです。

午前も午後もたくさんおしゃべりをして
たくさん笑って…
そんな中で
「人生を楽しむにはちょっとの頑張りは必要ね」と
同じ話がでたことは、わたしにとっては嬉しいことでした。
そう考えて日々暮らしている友人たちに囲まれている実感は
楽しいし、勇気ももらえます。

訪れた方がびっくりするくらい小さな店ですが
いろんなひとや
いろんな場所の「感じ」が詰まったこの場所は
わたしにとって
こころに大きなゆとりを与えてくれる場所になっているなあと
夕暮れひとりになった店で
片づけをしながら思ったのでした。

星輝く冷たい月の晩
ベッドに入ったわたしの心はあたたかく
心地よい疲れに包まれて眠りについたのでした。

今週の草径庵vol.12

先週の土曜日は
友人が共通の知り合いOさんを連れて草径庵来訪。

子育て関連や地域活動で忙しいOさんとは
2年くらい前から知り合いではあっても
個人的に話す機会のないままでした。

断片的に見聞きしている彼女は
バリバリと活動的でリーダーシップを発揮する頼りがいのある人。
それももちろん彼女なのですが
先日は
ゆっくりのんびり窓の外を眺めたり本の話をしたり・・・と
また違った一面を
初めて知ることができたように思います。

人と人は知り合ってから
いろんな時間を積み重ねて
つながりができていく。

一緒に過ごした時間や
共有した想いひとつひとつが
少しずつ重なって…。

この場所に来た知らない人同士にも
そんな時間や関係ができるといいな、と
そう思いながら
今週も営業します。

<今週の草径庵>
2月15日(金曜日)あさ8時~13時頃まで
2月16日(土曜日)あさ8時~15時頃まで




今週の草径庵vol.11

先日の大雪を教訓に
今週の雪の予報に準備万端だった関東地方。

首都圏ではそれほど降らなかったので
積もることもなく、肩透かしを食らったような感じでした。

考えてみれば雪の多い地方では積もっているのが冬の普通の状態です。
暖かな土地に住まうわたし達の軟弱さに笑うしかありません。。。

大雪と予想されたその日は
週に3日ほど働いている情報誌の会社の出勤日でした。

お客様との電話のやりとりが続いたのですが
お天気のせいでしょうか、みなさん穏やかにじっくりとお付き合いくださいました。

人の気持ちは時間帯やお天気や気温によって
ちょっとずつ変化するのでしょうか。
当たり前のようなことの新鮮な発見でした。

穏やかにゆっくり話したいときは
たとえば静かな雨の日がいいのかもしれませんね。

営業日は少ないですが
草径庵ではいつも穏やかな時間が流れています。
朝の散歩の途中にもぜひお立ち寄り下さい。

今週も
通常通りの営業予定です。

2月8日(金曜日) 朝8時~13時ころ
2月9日(土曜日) 朝8時~15時ころ