本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文学書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



図書館日和   ー店と図書館のいい関係ー

~図書館日和~

晴れた日には図書館へ行く。
雨の日は図書館で借りた本を家で読み
少し心が曇った日にも図書館へ行く。
本好きの草径庵オーナーが綴る
「図書館とわたし」の日々。



平日の図書館。開館を待つ人が朝から図書館の前にやってくる。
実は午前中のまちの小さな図書館は、年配の男性の姿が多い。
定年後、家では時間をもてあます男性も気軽に図書館へ足を運ぶようだ。
女性はいくつになっても家事や買い物が無期限で続くけれど、退職後の男性は生活が一変する。

近所の図書館は
ふらりとやってきてちょっと時間をつぶすのに、気兼ねなく過ごせる場所。
時には会議室などを借りて、読書会など交流の場所にもなったりする。
同じ場所を違う使い方で楽しめる
これは図書館のいいところだと思う。

実は
草径庵のモデルはおしゃれなブックカフェではなく図書館と古本屋さん。
おしゃべりもできる図書館、
今ではあまり読まれなくなった文学の名作や
人生において手にする機会があれば日々の幸せを大きくしてくれる哲学書なんかに囲まれて
ゆっくりお茶を飲みながら過ごす、そんなイメージ。

自分がそんな場所が欲しくて作ったこの店は
いつしか
庭を眺めに来てくれる近所のおじいちゃんや
時には仕事を持ち込んでひろげている男性
待ち合わせをしておしゃべりをしていく女性グループ
わたしとおしゃべりしにきてくれるひと達なんかで穏やかに時間が過ぎていく。

駅から遠く
庭の木々とゆったりした時間、空間以外「何もない」草径庵。
「まちのちいさな憩いの場」として図書館のように人がきてくれたらいいな、と思う。
いつも
図書館は草径庵のいいお手本。













スポンサーサイト

【お知らせ】


今週は急用のため、
28日、29日共に
お休みすることになりました。
ごめんなさい〜っ>_<

今週の草径庵vol.57

草径庵1340326_2

長い休み明けの草径庵。
始まりの週は、のんびりとあたたかな日差しの中
「久しぶり」と言いながら、
気にかけてくださっていた方々がポツリポツリ。
忙しすぎて慌てる…ということもなく
示し合わせたように、いいタイミングでみなさん来てくださいました。
まるでお客さん同士、息があっているかのようで、不思議(笑)
ありがとうございました。

春の風に包まれて
今週も
ゆったり穏やかな時間をお楽しみください。

<営業時間>
3月28日(金)/ 29日(土)  両日とも朝8:00~15:00頃まで


<メニュー>
コーヒー 400yen     カフェ・オ・レ   500yen
紅 茶   400yen     ミルクティー    500yen
抹 茶   500yen     スコーン(プレーン・ゴマ) 200yen

横浜市磯子区岡村4-20-15ハイムTZ101(仲久保公園前)

<草径庵への道順>
●横浜市営地下鉄弘明寺駅から市バス9「滝頭」行き「仲久保」下車
(京急本線井土ヶ谷駅からも市バス9乗ることができます)
●JR根岸線、根岸駅から市バス78,133「横浜岡村郵便局前」下車
 
そば屋天栄さん駐車場に面した道を入り、
左3本目の坂道を上がってすぐ、門に大きな松のある敷地内に入口があります。







今週の草径庵vol.56

しばらく休んでいた間に
大雪や
春一番など
季節は進み
気づけば3月も後半。

冬眠から目覚めてみれば
うつらうつらしている人の多い午後の電車も心地よく
緩やかないい季節です。
筋金入りの花粉症ですが
やっぱり春は春でいいものです。

今週から草径庵 春の部を始めます。
久しぶりで少々手際が悪いかもしれません。
梅の花が散り、椿が落ち
木瓜がぷっくりと朗らかなつぼみをつけている庭など眺めて
春の始まりをお楽しみいただけたら…と思います。
本を少々入れ替え、追加しました。
相変わらず偏った蔵書ですが、ご自由に閲覧していただけます。

金曜日は雨の予報。
オープンした2012年11月24日は小雨の朝でした。
また雨のスタートのようです。。。
ゆっくりと、春を始めましょう。
どうぞよろしくお願いします。

<営業時間>
3月21日(金)/ 22日(土)  両日とも朝8:00~15:00頃まで

<メニュー>
コーヒー 400yen     カフェ・オ・レ   500yen
紅 茶   400yen     ミルクティー    500yen
抹 茶   500yen     スコーン(プレーン・ゴマ) 200yen

横浜市磯子区岡村4-20-15ハイムTZ101(仲久保公園前)

<草径庵への道順>
横浜市営地下鉄弘明寺駅から市バス⑨「滝頭」行き「仲久保」下車
(京急本線井土ヶ谷駅からも市バス⑨乗ることができます)
そば屋天栄さん駐車場に面した道を入り、
左3本目の坂道を上がってすぐ、入り口に大きな松のある敷地内です。












図書館日和  ―引っ越しと図書館―

~図書館日和~

晴れた日には図書館へ行く。
雨の日は図書館で借りた本を家で読み
少し心が曇った日にも図書館へ行く。
本好きの草径庵オーナーが綴る
「図書館とわたし」の日々。



子どもの頃から引っ越しが多かった。
新しいまちは、いつもとても広い。
それが
外へ出れば顔見知りに出会うようになったり、
行きつけの店なんかができたりすると
ぐんと狭くなって、自分の家の庭が広がったかのよう。
そして
そうなった頃には次のまちへ。
段ボールを詰めたり開けたりの繰り返しだった。

新しい土地では
まず
最寄りの駅、買い物できる場所をチェックし
次に一番近くの図書館を探す。

図書館で本を借りるには図書館カードを作るのだけれど
土地ごとに違いがあって面白い。
ドラッグストアなどのポイントカードみたいに薄いカードもあれば
クレジットカードみたいな立派なものもある。
京都府立図書館はドラッグストアみたいなカードで、表は図書館の外観の写真だった。
ちなみに京都府立図書館では
京都市立芸術大学との連携事業の一環として、オリジナルブックカバーとしおりが作成されており、
ダウンロードして使用できる。
(デザイン:京都市立芸術大学大学院美術学科デザイン専攻 楠麻耶さん、桑田知明さん)
好きな絵柄を本の大きさに合わせた用紙にプリントして使えるというもの。
たくさんのひとが楽しさを共有できる図書館らしい、ちょっといいアイディア。
たとえば…
図書館で借りた本にはこのブックカバーを付けておけば、
自分の本とごちゃごちゃになってしまうこともないし
期限内に返すメモのような役割を果たしてくれる。

昼下がりに
のんびりした風吹くまちを、のんびり図書館へ行く。
春は、みんながちょっとほほえんで見える。
「どっか、いこっか?」とか
「ばすもっとのる~」という小さな子どもの声が明るく聞こえてくる。
木の芽が伸びるみたいに子どもも外へ外へと伸びたがるみたい。
日差しのあたたかい時間は人通りも多い。

貸出窓口で図書館カードの更新期日が近いと言われた。
運転免許証をもっていたのですぐに更新。
手続きをしてくれた窓口の女性からカードを受け取る。
「2019年まで使えます」
ひとつのまちに5年暮らしたのは久しぶり。
5年後もこのまちにいるかな。
返却した分だけまた本を借り、
夕飯のおつかいをして家に向かった。

春の部間もなく…

今日は草径庵再開に向け、朝から店にいました。
2月はほとんど行かれなかったので、店の中はシンっとよそ行きの顔でした。

さて
春の草径庵はちょっぴり模様替えしてスタートです。

3月21日(金)朝8時~

春の部からは金曜日・土曜日ともに朝8時から15時頃まで営業します。

一日模様替えや掃除をして、心地よい疲れを楽しんだあとは
日ノ出町にある「よんふくカフェ」さんでゆったりごはん。
おしゃべりして、本や漫画をぱらぱら…くつろぎの時間を過ごしました。

雪が混じる夕方の雨のあとは、細い月と星が輝き
帰り道
ひそやかな春を感じる夜でした。