本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文芸書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。Twitter@booksoukeian



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



第2回「本の会」取上げられた本の紹介

IMG_3182.jpg

1月23日(土)、雪の予報にしんみりと鉛色の空広がる夕方
参加者ひとりいらしたら開催予定…と決めていた第2回草径庵「本の会」。
お天気ももち、寒空の下、6名の方にご参加いただきました。
お集まりくださった皆さま、ありがとうございました。

今回のテーマ手紙・上機嫌に関する本や
おすすめの本を紹介し合いました。

今回紹介された本は以下です。
*『レター教室』 三島由紀夫 (ちくま文庫)
*『軽井沢日記』 水上勉 (三月書房)
*『女優の食卓』 戸板康二 (三月書房)
*『ベートーヴェンの生涯』 ロマン・ロラン (岩波文庫)
*『男どき女どき』より「無口な手紙」 向田邦子 (新潮文庫)
*『国境の南、太陽の西』 村上春樹 (講談社)
*雑誌『つるとはな』より須賀敦子の手紙 (つるとはな)
*『漱石書簡集』 夏目漱石 (岩波文庫)
*『What Do You Care What Other People Think? 』
  Richard P. Feynman as told to Ralph Leighton 1988, Norton
*『困ります、ファインマンさん』 R.P.ファインマン (岩波現代文庫)
*『ファインマンさんベストエッセイ』 R.P.ファインマン (岩波書店)
*『技術倫理』 C.ウィットベック (みすず書房)
*『恋文の技術』 森見登美彦 (ポプラ文庫)
*『横浜のカフェ散歩』 MARU (書肆侃侃房)
*『街歩き・里歩きの名水・湧水散歩』 南正時 ( 自由国民社;)
*『シナモロールのエチカ 感情に支配されないヒント』 朝日文庫編集部  (朝日文庫)
*『幸福論』 アラン (白水社)

のびやかに本の話は広がり
夏目漱石没後100年、ロマン・ロラン生誕150年も話題に…。
今後のテーマ候補もとびだすなど、あたたかな、いい時間となりました。
次回の予定は決まり次第、お知らせします。
スポンサーサイト

今週の草径庵vol.134

IMG_3138.jpg

先週は
「読書サポーターズin港南台」・「つづき図書館ファン倶楽部」の皆さんと
お会いする機会がありました。
本好きの端くれ草径庵も大いに刺激を受ける楽しいひとときでした。
みなさま、ありがとうございました。

この冬初の降雪で
白い月曜日から始まった今週。
寒さも本格的になりそうですね。

草径庵は来週29日(金)から3週間冬休みです。
休み前、
草径庵での真冬のゆったり時間をお楽しみいただけたら…と思います。


【お知らせ】
*第2回草径庵「本の会」
1月23日(土)通常営業終了後16:00~17:30くらいまで
参加費:500円(お茶付)
テーマ *手紙  *上機嫌  *その他(なんでも)

テーマに沿っておすすめの本を持ち寄っていただき
一節を紹介し合います。第1回参加者は8名でした。
当日参加OKです。お気軽に♪


*冬休み
 1月29日(金)~2月13日(土)は休業いたします。
 春の部は2月19日(金)朝9:00~


 <今週の営業時間>
1月22日(金)・23日(土)朝9:00~16:00頃まで  

<メニュー>
コーヒー       400yen
アイスコーヒー   500yen
カフェ・オ・レ     500yen
チャイ        550yen
紅茶           400yen
ミルクティ       500yen
アイスティー     500yen
抹茶 (干菓子付) 500yen   
トースト         300yen~
パウンドケーキ   250yen

横浜市磯子区岡村4-20-15ハイムTZ1F(仲久保公園前)

<バスのご利用はこちらから>
●横浜市営地下鉄弘明寺駅から市バス9「滝頭」行き「仲久保」下車
(京急本線井土ヶ谷駅からも市バス9乗ることができます)

●JR根岸線、根岸駅から市バス78,133「横浜岡村郵便局前」下車

●京急線上大岡駅から市バス133「横浜岡村郵便局前」下車

●JR根岸線、磯子駅から市バス78「横浜岡村郵便局前」下車

<バス停から草径庵への道順>
仲久保バス停近く、そば屋天栄さん駐車場に面した道を入り、
左3本目の坂道(上り口にミラーあり)を上がってすぐ
門に大きな松のある敷地内です。













今週の草径庵vol.133

IMG_3130.jpg

七草粥を食べ、鏡開きをしたら
きっちりと冬がやってきた、そんな2016年の一月。
寒い寒いと言いながらも
冬枯れの寂れた庭の風情を眺めて
春を想像するのも楽しいものです。
今週も暖かな室内でお待ちしています。

【お知らせ】
*第2回草径庵「本の会」
1月23日(土)通常営業終了後16:00~17:30くらいまで
参加費:500円(お茶付)
テーマ *手紙  *上機嫌  *その他(なんでも)

テーマに沿っておすすめの本を持ち寄っていただき
一節を紹介し合います。第1回参加者は8名でした。
当日参加OKです。お気軽に♪


*冬休み
 1月29日(金)~2月13日(土)は休業いたします。
 春の部は2月19日(金)朝9:00~


 <今週の営業時間>
1月15日(金)朝9:00~16:00頃まで
   16日(土)11:00~16:00頃まで
  *16日の通常営業は11時からです。お気を付けくださいませ。

<メニュー>
コーヒー       400yen
アイスコーヒー   500yen
カフェ・オ・レ     500yen
チャイ        550yen
紅茶           400yen
ミルクティ       500yen
アイスティー     500yen
抹茶 (干菓子付) 500yen   
トースト         300yen~
パウンドケーキ   250yen

横浜市磯子区岡村4-20-15ハイムTZ1F(仲久保公園前)

<バスのご利用はこちらから>
●横浜市営地下鉄弘明寺駅から市バス9「滝頭」行き「仲久保」下車
(京急本線井土ヶ谷駅からも市バス9乗ることができます)

●JR根岸線、根岸駅から市バス78,133「横浜岡村郵便局前」下車

●京急線上大岡駅から市バス133「横浜岡村郵便局前」下車

●JR根岸線、磯子駅から市バス78「横浜岡村郵便局前」下車

<バス停から草径庵への道順>
仲久保バス停近く、そば屋天栄さん駐車場に面した道を入り、
左3本目の坂道(上り口にミラーあり)を上がってすぐ
門に大きな松のある敷地内です。









今週の草径庵vol.132

IMG_3081.jpg

明けましておめでとうございます。
本年も年明け最初に
お正月抹茶営業から始めることができました。
足を運んでくださった皆さま、ありがとうございました。

今年もゆったりとした時間の流れるここ草径庵で
皆さまと過ごせることを楽しみにしております。
今週から通常営業です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
【お知らせ】
第2回草径庵「本の会」
 1月23日(土)16時~17時30分くらい
 <テーマ>  手紙  上機嫌  その他(好きな本なんでも)
 <参加費> 500円お茶付 (当日参加OK)
   今回はテーマを用意しました。
   好みのテーマを自由に解釈し、それにそって選んだ本の一節を紹介し合います。
   草径庵の本棚から1冊選んで紹介する…なども面白いかも。

*冬休み
 1月29日(金)~2月13日(土)は休業です。
 春の部は2月19日(金)朝9時~


 <今週の営業時間>
1月8日(金)・9日(土)朝9:00~16:00頃まで

<メニュー>
コーヒー       400yen
アイスコーヒー   500yen
カフェ・オ・レ     500yen
チャイ        550yen
紅茶           400yen
ミルクティ       500yen
アイスティー     500yen
抹茶 (干菓子付) 500yen   
トースト         300yen~
パウンドケーキ   250yen

横浜市磯子区岡村4-20-15ハイムTZ1F(仲久保公園前)

<バスのご利用はこちらから>
●横浜市営地下鉄弘明寺駅から市バス9「滝頭」行き「仲久保」下車
(京急本線井土ヶ谷駅からも市バス9乗ることができます)

●JR根岸線、根岸駅から市バス78,133「横浜岡村郵便局前」下車

●京急線上大岡駅から市バス133「横浜岡村郵便局前」下車

●JR根岸線、磯子駅から市バス78「横浜岡村郵便局前」下車

<バス停から草径庵への道順>
仲久保バス停近く、そば屋天栄さん駐車場に面した道を入り、
左3本目の坂道(上り口にミラーあり)を上がってすぐ
門に大きな松のある敷地内です。