本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文芸書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。Twitter@booksoukeian



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



第5回「本の会」と納涼会の報告

IMG_3882.jpg

7月23日(土)、遅い梅雨明けを待つ晴れた日の夕方、
第5回草径庵「本の会」を行いました。
参加者8名、バラエティに富んだテーマのとらえ方をのびやかに語り合う
和やかな時間となりました。
皆さま、ありがとうございました。

今回のテーマは大きく漠然と「哲学」。
myルール、愛好するビールのこと、ローマの歴史から考えたこと、自身の仕事や生き方を振り返り今感じていること…など自分の哲学を語ってくださる方あり、本を紹介してくださる方あり。
考えていること、これまで考えてきたことを自由に語るユニークな会となりました。
今回紹介された本は以下です。

*『心: 個人完訳 小泉八雲コレクション (個人完訳小泉八雲コレクション)』 
  小泉 八雲 (著), 平川 祐弘 (翻訳)  (河出書房新社)
*『暮しの手帖 4世紀82号 』 (暮しの手帖社)
*『背教者ユリアヌス』 (上・中・下)  辻 邦生 (中公文庫)
*『ケーベル博士随筆集』  ケーベル著 / 久保 勉 訳編(岩波文庫)
*『知恵の樹―生きている世界はどのようにして生まれるのか』
  ウンベルト マトゥラーナ 、 フランシスコ バレーラ (著 ) 管 啓次郎 (翻訳)  (ちくま学芸文庫)
*『おとなのひとにいってほしかった24のこと』
  ヨゼフ パイオン (著)/ 上野 紀子 (イラスト)/多田 文子 (翻訳) (祥伝社)

2stIMG_4004.jpg
後半は普段より時間を延長しての納涼会。
和気あいあい、リラックスして語り合うそんな時間を愉しみました。

次回「本の会」は11月開催の予定です。
テーマ、日程等は決まり次第お知らせします。
次回も心豊かなひとときを皆さまとご一緒できますように♪
 
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する