本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文学書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



心地よい疲れ

季節のページを遡ったように寒い日が続く横浜。
それでも
風の吹きかたには春の気配がわずかに。
そんな中
昨日の草径庵は朝もお昼過ぎも賑やかでした。

午前中は
地域のフリーペーパーの取材でKさんが来訪。
よく知った友人から取材を受けるのは不思議な気分です。
それでも改めて聞かれてみると
草径庵のはじまりのこと
わたしの子どもの頃のこと
好きな本のこと…
話しながら、考え、気付くこともあり。。。
上手く伝えられたのかよくわかりませんが
聞き上手のKさんのこと
きっと私の無意識に語ったことからの
私自身をみせてくれそうな気がして
記事の完成が楽しみです。

午後は
ロマン・ロラン研究所の方たちが
わざわざ京都から訪ねてきてくれました。

草径庵のオープンに際しては
どれほど
ロマン・ロラン研究所の皆さんのお力を
お借りしたことか。

この店は
デザイン、施工に始まり
家具、食器あらゆる調度品が
友人、知人のつながりで
全国各地から自然と集まって出来ています。
わたしが自分で探し歩いて揃えたものはほんのわずか。

中でも京都の友人知人を介してこの場所に集まったものがもっとも多く
この店の雰囲気の核をなしているように思います。
たった4年住んだその地で得たつながりは
横浜に帰ってきた後もずっと続いているのです。

午前も午後もたくさんおしゃべりをして
たくさん笑って…
そんな中で
「人生を楽しむにはちょっとの頑張りは必要ね」と
同じ話がでたことは、わたしにとっては嬉しいことでした。
そう考えて日々暮らしている友人たちに囲まれている実感は
楽しいし、勇気ももらえます。

訪れた方がびっくりするくらい小さな店ですが
いろんなひとや
いろんな場所の「感じ」が詰まったこの場所は
わたしにとって
こころに大きなゆとりを与えてくれる場所になっているなあと
夕暮れひとりになった店で
片づけをしながら思ったのでした。

星輝く冷たい月の晩
ベッドに入ったわたしの心はあたたかく
心地よい疲れに包まれて眠りについたのでした。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://soukeian.blog.fc2.com/tb.php/20-4d4abef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)