本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文芸書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。Twitter@booksoukeian



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



第11回「本の会」の報告

読書会171125

2017年11月25日(土)、第11回「本の会」を行いました。
2012年11月24日に開店した草径庵は5周年を迎え
庵主にとっては
この日、6年目の第一歩という気分でもありました。
そんな感慨にお付き合いいただき今回のテーマは「草径庵」。
参加者12名(女性8名、男性4名)+庵主の総勢13名、うち初参加の方2名でした。
初「本の会」、初来店という方からも素敵なお話と本の紹介をしていただきました。
ご参加の皆さま、ありがとうございました。

紹介された本は以下です。

*『THE LITTLE BOOK OF HYGGE 365日シンプルな幸せのつくり方 』  
  マイク・ヴァイキング(著)・アーヴィン 香苗 (翻訳)  (講三笠書房)
*『二十四節気と七十二侯の季節手帖』  山下景子  (成美堂出版 )   
*『ミルクのお茶』  おーなり由子 (新潮社)
*『イエスの生涯』  遠藤周作   (新潮文庫) 
*『哲学入門』  バートラント・ラッセル(著)・高村夏輝 (翻訳) (ちくま学芸文庫)
*『楽園のカンヴァス』  原田マハ  (新潮社)       
*『エチカ』  スピノザ(著)・畠中尚志(翻訳)  (岩波文庫)  
*『ポジティブ哲学―三大幸福論で幸せになる― 』 小川仁志 (清流出版) 
*『BEFORE THEY PASS AWAY』  ジミー・ネルソン(著)・‎神長倉 伸義 (翻訳)  
  (パイインターナショナル)
*『空が青いから白をえらんだのです 奈良少年刑務所詩集』
  寮 三千子(編)   (新潮文庫) 
*『草径庵とともに』  手製本  
*『うさぎさんてつだってほしいの』 
  シャーロット・ゾロトウ(著)/モーリス・センダック(イラスト)   
  こだま ともこ (翻訳)  (冨山房)
*『世界はうつくしいと』  長田弘 (みすず書房) 
IMG_1946.jpg

皆さんの感じている「草径庵」が
思いのほか共通していることに驚き、嬉しくもありました。
自作の短文を朗読してくださった方、手作りの写真集をくださった方…
大切にいたします。ありがとうございました。

次回「本の会」は、
2018年1月27日(土)16:00~17:30
テーマ:  「色」
参加費: 500円(お茶付)
      事前申し込み不要

取り上げてみたいテーマを
参加者の皆さんから募った際に
ご提案いただいたものから選びました。
自由に解釈して
おすすめの一冊を選び一節をご紹介ください。

171125.jpg



スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する