本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文芸書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。Twitter@booksoukeian



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



第12回「本の会」の報告

unnamed_20180116090314205.jpg

2018年1月27日(土)
今年最初、第12回「本の会」を開催いたしました。
例年にないほどの寒波のなか
参加者11名(女性6名、男性5名)+庵主の総勢12名、
うち初参加の方1名でのあたたかな会となりました。
今回のテーマは「色」。
シンプルなテーマだからこそ、
かえって難しくもあり切り口も多様で迷いも多かったり…
皆さまのお人柄が色を伴って見受けられるような、そんな時間でした。
ご参加の皆さま、ありがとうございました。

紹介された本は以下です。

*『私の旧約聖書』 色川武大阿佐田哲也全集12巻 (福武書店)     
*『とりつくしま』 東直子(ちくま文庫 )   
*『神々の国の首都』 小泉八雲(講談社学術文庫)
*『緑色の人物』  杉浦鷹男 (横浜詩人会議) 
*『生物学にとって構造主義とは何か
  ―R・トム J・ニーダム F・ヴァレーラを含む国際討論の記録 』
  柴谷篤弘ほか(編) (吉岡書店)
*『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 村上春樹(文春文庫)       
*『海辺のカフカ』 村上春樹(新潮社)  
*『続・私の部屋のポプリ』 熊井明子 (河出書房新社) 
*『モモ』 ミヒャエル・エンデ(著)・大島かおり‎ (翻訳) (岩波少年文庫)
*『「モモ」を読む―シュタイナーの世界観を地下水として』 子安美知子(朝日文庫) 
*『色は語る 色彩と心理の不思議な関係を読む』 山脇恵子(だいわ文庫)   
*『色の名前』 近江源太郎(監修) 角川書店
*『美しい暮しの手帖 第3号』  (暮しの手帖社) 

Image-1.png

次回「本の会」は、
2018年3月17日(土)16:00~17:30
テーマ:  「器」
参加費: 500円(お茶付)
      事前申し込み不要

「うつわ」でも「き」でも…自由に読んで解釈し、
おすすめの一冊から一節をご紹介ください。
どうぞお気軽に♪


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する