FC2ブログ
 本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文芸書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。Twitter@booksoukeian



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



第17回「本の会」報告

190119.jpg

2019年1月19(土)、第17回「本の会」を行いました。
参加者9名(女性7名、男性2名)+庵主、総勢10名(うち初参加1名)でした。
年明け最初の「本の会」は、例年、新年会も兼ねて行っています。
飲食しながらの華やかなひとときでした。

テーマ「時代・時間」を自由に展開して
おすすめの本から一節を朗読して紹介していただきました。
壮大なテーマではありましたが、
不思議と「人間の幸福とは?」という思いに行き着き
ほろ酔いながら思索も拡がる時間だったように思います。
ご参加の皆さま、ありがとうございました。

紹介された本は以下です。

*『フランス語で読むモーパッサン』より「首飾り」 モーパッサン(著) 佐藤若菜(訳)(NHK出版)
*『大草原の小さな家』 ローラ・インガルス ワイルダー(著)/ガース ウィリアムズ(画)/恩地 三保子(訳)
               (福音館書店)
*『天平の甍』 井上靖 (中央公論新社)
*『七緒』 (プレジデント社)
*『哲学は何を問うてきたか』 レシェク・たコワコフスキ(著)/藤田祐(訳) (みすず書房)
*『泡沫の歌 森鴎外と星新一をつなぐひと―』 小金井喜美子 (新潮社)
*『サピエンス全史』 ユヴァル・ノア・ハラリ(著)/柴田 裕之(訳) (河出書房新社)
*『ペリー来航 日本・琉球をゆるがした412日間』 西川武臣  (中央公論新社)
*『堕落論』 坂口安吾 (文鳥文庫)
*『四月は君の嘘』 新川 直司( 講談社)
*『語るボルヘス』 J・L・ボルヘス(著)/木村榮一(訳) (岩波文庫)

次回「本の会」は3月開催、テーマは「笑い」です。
詳しい日程は改めてお知らせいたします。
 

スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する