本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文学書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



残暑お見舞い申し上げます

立秋を過ぎてなお暑い日が続いていますが
夕方の空、浮かぶ雲には秋の気配が感じられますね。

今日は草径庵が夏休みに入ってからの近況報告です。

ここ数か月疎かになっていた家の仕事に、意を決して(笑)手を付けています。
処分しようと思ってまとめて袋に入れていた衣類をリサイクルに出したり
ゴミ箱を洗ってみたり、あちこち片づけをしてみたり…。
とはいえ、
洗濯物を取り込んだ後の
カタカタ障子を揺らす風の吹き抜ける部屋でぼう~としてみたり、
ごろごろ本を読みながらうとうと寝ていたりする時間も多いけれど。

先日、時々使っている鞄のポケットから
その存在さえも忘れていたブレスレットが手品みたいに出てきました。
どうして今まで気付かなかったんだろうと不思議で仕方ない。。。

昨日の朝は
階段を下りてくる夫と息子の足音の区別がつかなくなっていることに気付きました。

今日は息子から借りた新海誠の本を電車で読んでいて、泣きそうになりました。
中学生なんだなあ~と、幼い切なさいっぱいの彼の今の感受性を垣間見た気がして。

まるで時差ボケから解消されていくように
この数日、段々自分の感覚が落ち着いてくるような、そんな心地よさを味わっています。

ぼんやりする時間がないと、ものも考えられないんだなあ
身のまわりのことにも気付けないんだなあ、と
今日改めて
最近忙し過ぎたことに気付きました。
やりたいことがあれこれあって
気が回らなくなっているのかもしれない。
この夏休みが、自分の時間配分を見直すいい機会になりそうです。

そうそう
昨晩は、お店で客さんと楽しく話をしている夢をみました。
朝起きて、食卓で家族にそのことを話しながら
そんな時間が恋しい自分が嬉しかった。




スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する