本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文芸書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



図書館日和  ―引っ越しと図書館―

~図書館日和~

晴れた日には図書館へ行く。
雨の日は図書館で借りた本を家で読み
少し心が曇った日にも図書館へ行く。
本好きの草径庵オーナーが綴る
「図書館とわたし」の日々。



子どもの頃から引っ越しが多かった。
新しいまちは、いつもとても広い。
それが
外へ出れば顔見知りに出会うようになったり、
行きつけの店なんかができたりすると
ぐんと狭くなって、自分の家の庭が広がったかのよう。
そして
そうなった頃には次のまちへ。
段ボールを詰めたり開けたりの繰り返しだった。

新しい土地では
まず
最寄りの駅、買い物できる場所をチェックし
次に一番近くの図書館を探す。

図書館で本を借りるには図書館カードを作るのだけれど
土地ごとに違いがあって面白い。
ドラッグストアなどのポイントカードみたいに薄いカードもあれば
クレジットカードみたいな立派なものもある。
京都府立図書館はドラッグストアみたいなカードで、表は図書館の外観の写真だった。
ちなみに京都府立図書館では
京都市立芸術大学との連携事業の一環として、オリジナルブックカバーとしおりが作成されており、
ダウンロードして使用できる。
(デザイン:京都市立芸術大学大学院美術学科デザイン専攻 楠麻耶さん、桑田知明さん)
好きな絵柄を本の大きさに合わせた用紙にプリントして使えるというもの。
たくさんのひとが楽しさを共有できる図書館らしい、ちょっといいアイディア。
たとえば…
図書館で借りた本にはこのブックカバーを付けておけば、
自分の本とごちゃごちゃになってしまうこともないし
期限内に返すメモのような役割を果たしてくれる。

昼下がりに
のんびりした風吹くまちを、のんびり図書館へ行く。
春は、みんながちょっとほほえんで見える。
「どっか、いこっか?」とか
「ばすもっとのる~」という小さな子どもの声が明るく聞こえてくる。
木の芽が伸びるみたいに子どもも外へ外へと伸びたがるみたい。
日差しのあたたかい時間は人通りも多い。

貸出窓口で図書館カードの更新期日が近いと言われた。
運転免許証をもっていたのですぐに更新。
手続きをしてくれた窓口の女性からカードを受け取る。
「2019年まで使えます」
ひとつのまちに5年暮らしたのは久しぶり。
5年後もこのまちにいるかな。
返却した分だけまた本を借り、
夕飯のおつかいをして家に向かった。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する