本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文芸書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



図書館日和   ー店と図書館のいい関係ー

~図書館日和~

晴れた日には図書館へ行く。
雨の日は図書館で借りた本を家で読み
少し心が曇った日にも図書館へ行く。
本好きの草径庵オーナーが綴る
「図書館とわたし」の日々。



平日の図書館。開館を待つ人が朝から図書館の前にやってくる。
実は午前中のまちの小さな図書館は、年配の男性の姿が多い。
定年後、家では時間をもてあます男性も気軽に図書館へ足を運ぶようだ。
女性はいくつになっても家事や買い物が無期限で続くけれど、退職後の男性は生活が一変する。

近所の図書館は
ふらりとやってきてちょっと時間をつぶすのに、気兼ねなく過ごせる場所。
時には会議室などを借りて、読書会など交流の場所にもなったりする。
同じ場所を違う使い方で楽しめる
これは図書館のいいところだと思う。

実は
草径庵のモデルはおしゃれなブックカフェではなく図書館と古本屋さん。
おしゃべりもできる図書館、
今ではあまり読まれなくなった文学の名作や
人生において手にする機会があれば日々の幸せを大きくしてくれる哲学書なんかに囲まれて
ゆっくりお茶を飲みながら過ごす、そんなイメージ。

自分がそんな場所が欲しくて作ったこの店は
いつしか
庭を眺めに来てくれる近所のおじいちゃんや
時には仕事を持ち込んでひろげている男性
待ち合わせをしておしゃべりをしていく女性グループ
わたしとおしゃべりしにきてくれるひと達なんかで穏やかに時間が過ぎていく。

駅から遠く
庭の木々とゆったりした時間、空間以外「何もない」草径庵。
「まちのちいさな憩いの場」として図書館のように人がきてくれたらいいな、と思う。
いつも
図書館は草径庵のいいお手本。












スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する