本とお茶 ときどき手紙 草径庵
横浜の住宅街に本とお茶を楽しむ空間を作りました。小さな店ですが、お茶を飲みながら自由に本を閲覧していただけます。お散歩の一休みにもどうぞ…。

プロフィール

草径庵

Author:草径庵
2012年11月横浜市磯子区にお茶を飲みながら本を楽しむお店をオープン。蔵書は文学書・哲学書・エッセイなど。2015年11月まちライブラリーに仲間入り。「本の会」も始めました。毎週木曜~土曜9:00~16:00営業です。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



図書館日和~わたしの脳ミソ~

~図書館日和~

晴れた日には図書館へ行く。
雨の日は図書館で借りた本を家で読み
少し心が曇った日にも図書館へ行く。
本好きの草径庵オーナーが綴る
「図書館とわたし」の日々。


「お姉ちゃんが○○っていったくせにぃ~!」
子どもの頃
妹とけんかすると
泣きながらよく言われた言葉。

大人になってからも
何年前に一緒にどこそこへ行ったよねとか
悩みを相談したらこんなふうに言ってくれたとか…
聞くのだけれど
実は
…ほとんど覚えていない。

わたしは極端に記憶力が弱い、のだと思う。
いろんなことを
端からきれいに忘れていく。
大学受験の時は
文系にもかかわらず
暗記の多い社会がどうしても辛くて
無謀にも数学を選択したくらい。

やがて
「覚えなくても、必要な時に調べればいい」
当たり前のように
そう考えるようになった。

覚えられない自覚があるうえ
覚える気もないので
自然と
調べ物は得意になった。

辞書も図鑑も子どもの頃から好きだったし
取扱い説明書の必要箇所を探して読むなんてことも得意、というか楽しい。
調べものついでにデータを見比べるのも楽しくなって
競馬新聞とか商品パンフレットのスペックページなんかも好きである。

近所のスーパーマーケットが我が家の冷蔵庫なら
図書館は私の脳ミソの一部だ。
暗記するくらいなら
何度でも調べるほうがいい、というわたしにとって
図書館はあらゆるものを記憶しておいてくれる頼りになる頭脳。

そして図書館のまわりには
きっと
緑があって、ベンチがあって
青空の下、今日借り出した本を広げることもできる。
風が吹けば、自分の脳ミソも頭の中からもっと外へ自由に広がるような気がしてくる。

平日は横浜市鶴見区のアンテナショップの仕事をしているわたし。
お客さんとの会話から、鶴見にまつわるいろんなことのヒントをもらうことも多く
先日は
鶴見を舞台とした児童文学を教えてもらった。
早速図書館へ。
近所の図書館にはなかったけれど
市内3か所から3冊を取り寄せてもらい、借りることができた。
今まで知らなかったことを新たに知る楽しさを助けてくれるのも図書館。

教えてもらった本はいい具合に子どもの本ばかり。
この連休は
のんびりと
図書館で借りてきた本を読んで過ごそう、そう思う。


今回借りた本
『鶴見十二景』
『東海道鶴見村』 ともに岩崎京子著 田代三善絵 偕成社 
『よこはま昔むかし』岩崎京子著 井伊樹一絵 野毛印刷社 


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する